修理・整備

ミッション関係

ミッション関係

2000年式 ベンツ W202 C200 78000km

症状: 変速アップ時の、3速から4速にショックがあり、変速ダウン時の、3速から2速に大きなショックがある。

リフトアップし、下から覗いてみると、1度もオイル交換をした痕跡が見当たらず、かなり内部は、汚れていると判断し、内部の分解に着手。

ミッション関係

早速、EGSカプラーを取り外してみると・・・・・・。

ミッションオイルの色が・・・。

通常の純正オイルの色は、きれいな赤(ピンク)なんですが、緑色のような、どす黒い色に変色していました。

ミッション関係

ミッションのオイルパンを外した状態です。

真ん中あたりにある楕円形の物が、ストレーナーと言われる、フィルターです。
ここで内部のある程度の不純物を取り除きます。

オイル交換の際は、必ず新品交換するフィルターです。

ミッション関係

フィルターを外した状態です。

フィルターを外してみえている、大きなブロックのような塊が、バルブボディーと呼ばれる物です。

ミッション関係

バルブボディーを外した状態のミッション本体です。

上部には、クラッチやギヤ等、さらに複雑な部品が入っています。

ミッション関係

先程、はずしたバルブボディーです。

さらにこの塊を分解していきます。

ミッション関係

一番左側のオイルパンの中に、ソレノイドバルブが、6個。

真ん中が、エレクトロリックプレート

一番右側が、バルブボディー本体

各ソレノイドの点検をし、エレクトリックプレートが、熱による変形がありましたので、今回は交換。

バルブボディーは、分解、清掃で、再度組み付けを、行います。

ミッション関係

各部を組み付け、純正オイルを注入。
オイルレベルは、非常にシビアに、チェック。
オイルレベルの不具合が、恐ろしい結果をうむので、細心の注意が必要です。
何度も試乗し、点検を重ね、修理完了。
実際に乗って頂き、今までのフィーリングと、全く別物と称賛を頂きました。

ミッション本体を壊してしまいますと、高額な出費となります。
そうならない為にも、早めの点検、オイル交換を、御勧め致します。

お問い合わせ

取り扱いメーカー

ベンツ・BMW・フォルクスワーゲン その他各種輸入車、ご相談下さい。

修理・整備のお問い合わせ
	メールは365日受付しております。
	お気軽にお問い合わせ下さい。

エアフォルシェ
	大阪府岸和田市箕土路町1-2-5
	tel 072-440-0012
	地図はこちら

修理・整備

スタッフブログ